ここから本文です

川栄李奈、おバカキャラ脱却へ努力 女優業成功の秘けつは「低姿勢でいく」

8/7(月) 16:32配信

オリコン

 女優の川栄李奈(22)が7日、学生向けイベント『CAMP SUMMIT 2017~はたらくを楽しむ人の流儀~』に特別講師として参加。2015年にAKB48を卒業して以降、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』への出演、今月1日より放映中のau「三太郎シリーズ」新CMに「織姫」役としての出演など、躍進が続いているが「アイドルから1人になったので、その自覚を持たないといけないと思いました」と転身した当時の心境を振り返った。

【写真】特別講師として参加した川栄李奈

 女優としての活動を本格化するにあたって、決めていたこととして「ずっと、おバカキャラということで、バカを全面に出していたんですけど、それは消すようにしていました」と回顧。その理由について「私がテレビでその人の演技を見ていたら『この人、本当はおバカキャラなのに』って思ってしまうので」と説明した上で「あんまりしゃべらないようにとか、雰囲気からおとなしくしていました」と“おバカキャラ脱却”への努力を明かした。

 女優として成功するための秘けつを聞かれると「低姿勢でいくっていうことが一番大事だと思います。どんなにお芝居が素晴らしくて、かわいくてもあいさつとか礼儀がちゃんとしていないとダメだと思うので、そこは意識しています」と力説。理想の女優として満島ひかりの名前を挙げ「『ごめんね青春!』というドラマでご一緒したのですが、本当にステキでした」と声を弾ませていた。

 同イベントは“就活改革”というアプローチから企業と学生のミスマッチを解決することを目指し、2015年よりスタートした学生向けキャリア教育支援プログラム「CAMP」の特別編。はたらクリエイティブディレクターの佐藤裕氏もイベントに参加し、川栄とトークを繰り広げた。

最終更新:8/7(月) 16:35
オリコン