ここから本文です

台風5号、『アウターバンド』に注意

8/7(月) 14:25配信

ウェザーニュース

 台風5号は、7日13時現在、四国から近畿へ向かっています。

 まだ台風から離れているはずの東海エリアにも活発な雨雲が流れ込み、愛知県や静岡県付近でも強い雨が降っています。これは、台風の外側にできる発達した雨雲の帯で『アウターバンド』と呼ばれます。

◆『アウターバンド』……台風が近づく前から注意!
 台風の周りの湿った風がぶつかって、積乱雲を発達させます。こうした積乱雲の下では、激しい雨や雷雨のほか、竜巻や突風が発生する恐れがあり、台風が近づく前から注意が必要です。

 アウターバンドは1本とは限らず、2回、3回と通過することもありますし、その後、台風本体の活発な雨雲が通過することになると、断続的に激しい雨が降り、荒れた天気が長く続く恐れがあります。川の増水や土砂災害など危険性が高まります。

 現在、活発な雨雲が流れ込んでいる東海エリアだけでなく、関東甲信エリアにも、こうしたアウターバンドの発達した雨雲が広がる恐れがあり、台風が離れていても注意が必要です。

ウェザーニュース