ここから本文です

公明・山口代表「誤解を与えないよう努力する真摯な姿勢の表れ」 江崎沖縄北方担当相の「原稿朗読」発言をフォロー

8/7(月) 15:37配信

産経新聞

 公明党の山口那津男代表は7日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見し、初入閣した江崎鉄磨沖縄北方担当相が国会答弁について「役所の原稿を朗読する」と発言したことを好意的に解釈し、フォローした。「これまで勇み足や舌足らずな答弁があったことを踏まえ、自分は誤解を与えないよう(役所の)共通認識の下に答弁に努力するという真摯(しんし)な姿勢を表したと受け止めたい」と述べた。

 山口氏は、記者から「優しすぎる」と指摘されると、「その優しい言葉を聞いて自らを振り返る力がなければ、本物の政治家として大成しない」と切り返し、厳しい一面ものぞかせた。

 安倍晋三首相が断行した今回の内閣改造については「個々の閣僚や副大臣、政務官を含め、言動がこれから大事になってくる。結束し、深い自覚で内閣をもり立てるように頑張ってもらいたい」と語った。

最終更新:8/7(月) 15:37
産経新聞