ここから本文です

女子シングルス8強は6名が2年生 [総体テニス]

8/6(日) 23:58配信

THE TENNIS DAILY

 第74回全国高等学校対抗テニス大会および第107回全国高等学校テニス選手権大会(南東北インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/会津総合運動公園テニスコート、あいづドーム)の大会5日目、女子は個人戦シングルスの1~4回戦が8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレークを採用)で行われ、ベスト8が決まった。

相生学院から3組が男子ダブルス4強入り [南東北インターハイ]

     ◇   ◇   ◇

 シニア大会でも活躍する2年生の輿石亜佑美(浦和麗明)がベスト8入りを決めた。1回戦の牛尾成美(九州文化学園)との試合は9-7と苦戦するも、そこから尻上がりに調子を上げ、4回戦の坂詰姫野(山梨学院)に対しては8-2と完勝。「最後の試合は自分が思うプレーができた」と納得の勝利だった。

 輿石の準々決勝の相手は、センバツ個人準Vの宮原三奈(柳川)を破って勝ち上がった安藤優希(日出)。2年生同士の対戦となる。

 最初に準々決勝進出を決めたのは伊藤さつき(相生学院)だった。常にリードを奪う展開で相手を圧倒した。大会前に掲げた8強入りを達成でき、「すごくうれしい」と喜ぶ伊藤。次の対戦相手は川岸七菜(法政二)だ。川岸は唯一の2年連続での8強進出者となる。

 団体戦で思うようなプレーができなかった平田歩(岡山学芸館)が個人でその実力を存分に発揮。1、2回戦を8-1、8-2で勝ち、続く3回戦の神鳥舞(早稲田実業)との激しいラリー戦も打ち勝った。平田と準々決勝で対戦する2年生の西郷里奈(秀明八千代)も安定感があり、1回戦から8-2、8-0、8-2、8-3と相手を寄せ付けない強さで8強入りを果たした。

 早稲田実業(東京)のシングルス2を任され、見事に全勝した齋藤唯が個人でも好調をキープ。得意のフォアハンドを武器に攻めの姿勢を貫いた。ベスト8ただ一人の1年生。「今日と同じようなプレーを出し、もっと上を目指していきたい」と意気込みを語った。齋藤が準々決勝で戦う阿部宏美(愛知啓成)は、昨年のベスト16を上回る結果を残した。

 準々決勝は8名中6名が2年生で、3年生の平田、1年生の齋藤が顔を揃える形となった。大会6日目となる8月7日は、男女シングルス準々決勝、準決勝、男女ダブルス準決勝が行われる。試合開始時間は9時の予定。

(テニスマガジン/編集部◎中野恵太)

最終更新:8/6(日) 23:58
THE TENNIS DAILY