ここから本文です

ハワイ先住民 アイヌ合同慰霊祭に参加 帯広市

8/7(月) 14:38配信

十勝毎日新聞 電子版

 帯広アイヌ協会(笹村二朗会長)主催のアイヌ合同慰霊祭が6日、帯広市アイヌ共同納骨堂(つつじが丘霊園内)前で開かれた。会員や関係者約100人が参列し、先祖の冥福を祈った他、米国ハワイの先住民たちも参加し、舞踊を披露した。

 同納骨堂は1986年に整備され、伏古コタンの人々の遺骨や、北海道大学が研究目的で収集した遺骨など、合わせて326柱が納められている。慰霊祭は毎年開かれ、今年で31回目。

 笹村会長が納骨堂の成り立ちを説明し、「慰霊祭が今後も続いていくことを願う」とあいさつ。参列者による献花が行われた。

 神に祈るカムイノミと、イチャルパ(慰霊の儀式)が執り行われ、帯広カムイトウウポポ保存会(酒井奈々子会長)と、同保存会の招待で5日から来帯しているハワイ先住民によるフラグループ「ハラウ・キアウェクウポノ・オ・カ・ウァ」も参加。互いに伝統舞踊を披露し合い、輪になって踊る場面もあった。(大木祐介)

十勝毎日新聞