ここから本文です

福田創楽は決勝を途中棄権 [ノンタブリー/男子テニス]

8/7(月) 7:30配信

THE TENNIS DAILY

 ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「PTT LTATアカデミー男子サーキット 1」(タイ・ノンタブリー/7月31日~8月6日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第3シードの福田創楽(イカイ)は第8シードのリー・クアンイ(台湾)と対戦したが、3-6 0-4の時点で棄権した。試合時間は1時間10分。

19歳の福田創楽がシングルスで今季2勝目 [中国F13フューチャーズ]

 今大会での福田は、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のJirat NAVASIRISOMBOON(タイ)を6-3 6-4で、2回戦で綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)を6-2 6-2で、準々決勝でカルヌデ・シン(インド)を6-4 6-3で、準決勝では予選勝者のエリオット・オルキン(アメリカ)を6-7(7) 6-0 6-4で下して勝ち上がっていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

     ◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス決勝】

●24福田創楽(イカイ)[3] 3-6 0-4 Ret. ○8リー・クアンイ(台湾)[8]

------------

【シングルス準決勝】

○24福田創楽(イカイ)[3] 6-7(7) 6-0 6-4 ●30エリオット・オルキン(アメリカ)[Q]

------------

【シングルス準々決勝】

○24福田創楽(イカイ)[3] 6-4 6-3 ●19カルヌデ・シン(インド)

●14竹島駿朗(Team REC)[Q] 2-6 1-6 ○9ユー・チェンユー(台湾)[4]

------------

【シングルス2回戦】

●32志賀正人(GODAI)[2] 1-6 1-6 ○30エリオット・オルキン(アメリカ)[Q]

○24福田創楽(イカイ)[3] 6-2 6-2 ●22綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)

○14竹島駿朗(Team REC)[Q] 6-4 6-3 ●16ジェイコブ・グリルズ(オーストラリア)[8]

------------

【シングルス1回戦】

○32志賀正人(GODAI)[2] 6-0 6-0 ●31オリー・サドラー(ニュージーランド)[Q]

○24福田創楽(イカイ)[3] 6-3 6-4 ●23Jirat NAVASIRISOMBOON(タイ)[WC]

●13井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)5-7 6-3 3-6 ○14竹島駿朗(Team REC)[Q]

○22綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)6-3 7-5 ●21ホン キット・ウォン(香港)

●11守谷総一郎(MTSテニスアリーナ三鷹)3-6 4-6 ○12リシャブ・アガルワル(インド)

●5岡村一成(ストライプインターナショナル)5-7 6-0 4-6 ○6カルム・プッターギル(オーストラリア)[Q]

●10小ノ澤新(イカイ)[Q] 5-7 7-6(2) 2-6 ○9ユー・チェンユー(台湾)[4]

●27笹井正樹(フリー)[Q] 6-7(5) 2-6 ○28ジェレミー・ビール(オーストラリア)

------------------------

【ダブルス準決勝】

●1フランシス ケーシー・アルカンタラ/井藤祐一(フィリピン/ライフ・エヌ・ピー)[1] 3-6 6-0 [10-12] ○8Patcharapol KAWIN/Jirat NAVASIRISOMBOON(タイ)[WC]

------------

【ダブルス準々決勝】

○1フランシス ケーシー・アルカンタラ/井藤祐一(フィリピン/ライフ・エヌ・ピー)[1] 6-1 6-4 ●3プルチャ・イサロ/岡村一成(タイ/ストライプインターナショナル)

------------

【ダブルス1回戦】

○1フランシス ケーシー・アルカンタラ/井藤祐一(フィリピン/ライフ・エヌ・ピー)[1] 6-3 6-3 ●2小ノ澤新/綿貫裕介(イカイ/橋本総業ホールディングス)

●15守谷総一郎/志賀正人(MTSテニスアリーナ三鷹/GODAI)2-6 5-7 ○16ジャスティン・バルキ/キティポン・ワチラマノウォン(インドネシア/タイ)[2]

○3プルチャ・イサロ/岡村一成(タイ/ストライプインターナショナル)6-4 3-6 [10-8] ●4リン・ウェイデ/ウィシャヤ・トロンチャロンチャイクル(台湾/タイ)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/7(月) 7:30
THE TENNIS DAILY