ここから本文です

【動画解説】台風5号本州縦断  西・東日本は大雨に厳重警戒

8/7(月) 12:10配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 台風5号は7日(月)の午後に近畿地方を直撃したあと、東日本を縦断する見通しです。このあとは近畿から東日本で大雨や暴風となり、影響が長引くおそれがありますので、厳重な警戒が必要です。

 台風5号は、7日(月)の午前10時過ぎに高知県室戸市付近を通過しました。
このあと午後には近畿地方に上陸し、その後、東日本へと進む見込みです。

 7日の午後は近畿地方で雨と風が強まり、夕方以降は東海や北陸、関東にも活発な雨雲がかかってきます。8日(火)の正午までには、多い所で300~400ミリの大雨になるおそれがありますので、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫などに警戒が必要です。

 その後、台風は9日(水)には日本海に抜ける見通しですが、依然として動きが遅く、大雨や暴風の影響が長引くことが予想されます。引き続き、厳重な警戒が必要です。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:8/7(月) 12:21
ウェザーマップ