ここから本文です

ヴェッラッティ、パリ残留宣言「バルサとの話はもう終わったし、ネイマールが理由じゃない」

8/7(月) 14:39配信

theWORLD(ザ・ワールド)

チームに忠誠を誓う

市場を騒がせた男マルコ・ヴェッラッティが、今後もフランスでのプレイを続けると明言している。

圧巻のボールコントロールに加え、高次元のゲームメイク術を兼ね備えるパリ・サンジェルマンの司令塔は、かねてよりバルセロナからの熱烈なアプローチを受け続けてきた。リーグ・アンでのプレイに嫌気が差し、ステップアップを望んでいると噂されたヴェッラッティだが、どうやら残留を決心したようだ。『sky SPORTS』のインタビューにおいて、24歳の天才MFは次のように語った。

「バルセロナから関心を持たれていたことは事実だが、もう終わった話さ。他のチームとの交渉も一切ないよ。僕はこのチームに残ることを決断したし、その判断にとても満足している」

また、ヴェッラッティはパリとの関係続行が、“サッカー史上最大のビッグディール”によるものではないと語っている。

「ネイマールが僕の考えを変えたかって? そんなことはないよ。それ以前から決めていたんだ。彼がここへ来るなんて知らなかったしね」

昨季は42試合に出場し、3ゴールをもたらしていたヴェッラッティ。新シーズンは前線に新たなパスのターゲットが加わり、彼の良さがさらに引き出されるシーズンとなりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp