ここから本文です

テーマは「音」 子どもたちが水墨画に挑戦/富山

8/7(月) 21:31配信

チューリップテレビ

 夏休み中の子どもたちを対象とした水墨画のワークショップが県水墨美術館で開かれ、子どもたちが思い思いに筆を走らせていました。

 県水墨美術館は、子どもたちに墨を使って絵を描くことの楽しさを知ってもらおうと、毎年、夏休みにこうしたワークショップを開いています。

 7日は、県内の園児と小・中学生あわせて21人が参加し、『音』をテーマに作品をつくりました。

 スピーカーから流される打楽器や雷の音を聞きながら、子供たちは、水墨画ならではの墨の濃淡を使い分けたり、『にじみ』の技術に挑んだりして、思い思いに筆を走らせていました。

 子供たちの作品は、来年1月に県水墨美術館で開かれる展覧会で展示されます。

チューリップテレビ