ここから本文です

エンジンかけっぱで一酸化炭素中毒…気軽さ故の落とし穴、人気の車中泊のメリットとデメリット

8/7(月) 18:47配信

オートックワン

車中泊で旅する楽しさ、メリットとデメリット

車で寝泊まりする車中泊。手軽に楽しめるようになり、車中泊が珍しくなくなってきたのは、数々のメリットがあるからです。

車中泊におすすめなクルマ5選

まずは、人気の理由をあげてみましょう。


◆時間の制約がない

まず、車中泊のメリットとして挙げたいのは「時間の制約がない」こと。ホテルや旅館などに宿泊する場合、チェックインそして、チェックアウトの時間が決められています。食事付きのプランで宿泊する場合は、食事の時間も束縛されてしまいます。しかし、車中泊の場合、時間の使い方は自分次第。途中で寄り道をしても宿泊場所に遅く到着する心配はないですし、翌朝に予定を変更して朝早くに出掛けたくなっても、誰にも迷惑をかけることはありません。早朝から行う釣りやハイキングなどはこのように時間を自由に使えるのは大きなメリットでしょう。


◆経済性が高い

続いては「経済性」です。先ほど紹介した道の駅などは宿泊料金がかかりませんし、駐車スペースにクルマを置くことができれば、そこが宿泊場所となるのが車中泊のメリットです。景色の良い観光地や人気な山の登山者用駐車場などは早朝から満車になるケースも珍しくありません。早朝にしか見られない景色を撮影したいカメラ好きの方なども、前日の夜から現地に出向き、車中泊で朝を待つなんてことも珍しくなくなってきました。


◆アウトドア気分を楽しめる

3つ目は「プチアウトドア」が楽しめること。キャンプ場で車中泊をする際は、事前にアウトドアグッズが使用できるかどうかの確認が必要ですが、テントなどを持っていなくても手軽にアウトドアライフを楽しむことができます。カセットコンロがあれば簡単な料理やコーヒーを作ることができるので、日常生活を離れてリフレッシュすることもできます。お気に入りの車中泊スポットを見つけて、スマートフォンなどのデジタル機器の使えないスローライフを送ってみるのも良いかもしれませんね。

しかし、車中泊はメリットばかりではありません。車中泊を行う際は、宿泊を考えている場所に関する安全面の情報収集を事前に行うようにしてください。加えて、車中泊はスペースに制約があります。車内で大人2人が横になろうとすると、かなりのスペースが必要になります。人は横になれたとしても、荷物が邪魔となると寝る際にいちいち荷物の出し入れを行う手間がかかることもあります。そうならないように、車中泊に適したクルマ選びが大切になります。

1/4ページ

最終更新:8/7(月) 21:47
オートックワン

Yahoo!ニュースからのお知らせ