ここから本文です

菊地裕太(相生学院)と田口涼太郎(大分舞鶴)が決勝へ [総体テニス]

8/7(月) 14:42配信

THE TENNIS DAILY

 第74回全国高等学校対抗テニス大会および第107回全国高等学校テニス選手権大会(南東北インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/会津総合運動公園テニスコート、あいづドーム)の6日目、8月7日は男女シングルス準々決勝、準決勝、男女ダブルス準決勝が行われている。

男子団体は相生学院が2年連続3度目のV&春夏連覇 [南東北インターハイ]

 男子シングルスは準決勝が終了し、菊地裕太(相生学院)と田口涼太郎(大分舞鶴)が決勝進出を果たした。

「個人戦」は、単複ともにトーナメントで、シングルスは4回戦まで、ダブルスは準々決勝まで8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレーク採用)、以降は3セットマッチ(各セット6-6後、タイブレーク採用)。

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス準決勝】※名前の左に付いている数字はドロー番号

○1菊地裕太(相生学院)6-1 6-1 ●64白石光(秀明八千代)

○65田口涼太郎(大分舞鶴)7-6(5) 6-4 ●128丹下将太(早稲田実業)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:8/7(月) 14:42
THE TENNIS DAILY