ここから本文です

大学生がお手伝い 商店街で夏休みの自由研究/富山

8/7(月) 21:32配信

チューリップテレビ

 大学生が、夏休みの宿題をサポートです。

 小学生の自由研究を手伝うイベント『まちなか大作戦』が富山市でおこなわれ、子どもたちが商店街の店をまわって仕事の裏側を学びました。

 このイベントは、子どもたちに商店街への愛着を持ってもらおうと、富山市の『まちづくりとやま』が企画したものです。

 7日は、富山市の学生団体・『街なかメイクアップサポーター』の引率のもと、夏休み中の小学生23人とその保護者が参加しました。

 参加者は、5つの班に分かれて商店街の店を訪問。

 富山市内で生産された食材や加工品を販売する地場もん屋総本店では、野菜の産地を調べたり生産者に話を聞いたりして、商品の流通の仕組みを学びました。

 また、創業から240年あまりの和菓子店『竹林堂本店』では、甘酒まんじゅうの歴史や作り方を教わりました。

 機械化が進む中、甘酒は県産のコシヒカリと糀を専用の桶の中で混ぜ合わせ、今も手作業で伝統の味を守っている話を聞きました。

チューリップテレビ