ここから本文です

「あの場所は人を育ててくれる」 辻内崇伸が振り返る甲子園“奇跡の夏”

8/7(月) 13:20配信

Full-Count

12年前の甲子園を熱狂させた男の記憶「本当に奇跡なんですよ、あの夏は」

 今年の12月で30歳を迎える男の顔には、以前にはなかったしわが刻まれていた。「午前は練習して、午後は仕事して。それなりに忙しいんですよ」。そう笑うと、喫茶店に置かれていたスポーツ新聞に目をやった。今年の甲子園に出場するチームが全校出そろったことを報じていた。「今年もこの季節がやってきたんですね」。ふと遠い目をすると、こうつぶやいた。

【表】初出場は6校…甲子園出場の全49代表高一覧

「本当に奇跡なんですよ、あの夏は」

 2005年、1人の高校生が甲子園を熱狂させた。辻内崇伸――。12年前、人生を一変させた奇跡の夏を回想した。

 大阪桐蔭で1番を背負っていた超高校級左腕には、チームメートの平田良介(現中日)と共に大会前から尋常ではない注目が集まっていた。3年春に左腕では当時国内最速の155キロを記録。多くのメディアが、一挙手一投足を取り上げた。そんな状況で、甲子園初登板を控えた1回戦の春日部共栄戦を前に、ただでさえあがり症の17歳の心は緊張で押しつぶされそうになっていた。

「実は3年になってから迷走していた期間が長くて。調子の波が激しかったんです。取材でもスピードのことばかり聞かれるし、スピードが出ることが嫌になっていました。ちょっと言い方は変ですけど、反抗期みたいな。『スピードガン見ますか?』『見ないっす』みたいな。逆を言う感じ。やっぱり普通ではいられなかったですね」

 そんな中で迎えた初戦、初回に伝説が生まれた。先頭打者へ投じた5球目、電光掲示板で152キロを表示したボールは、スカウトのガンでは自身が当時持っていた左腕の国内最速を更新する156キロを記録した。

「もう最初は思い切り投げようと思っていて。みんながスピード、スピード言うので。会場全体がざわついたのは分かって、その雰囲気がやばくて、震えが止まらなかったんです。でも格好つけてスピードガン見ないって言ってしまったので、見られないじゃないですか。何が起こってんのやろって逆に気になってしまって……」

 その後は散々だった。「どう投げていいか分からなくなりました」と振り返るように、自分を見失った左腕は5回途中5安打6失点で降板。チームは1年生ルーキーだった中田翔が決勝弾、そして自身の後を救援してくれたおかげで9-7で辛くも勝利を収めた。だがこのあまりにふがいない試合が、余りある潜在能力を覚醒させた。

1/3ページ

最終更新:8/7(月) 13:46
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 6:45