ここから本文です

<台風5号>8日明け方から朝、埼玉に最接近の恐れ 局地的に猛烈な雨の予想…秩父に土砂災害警戒情報

8/7(月) 23:31配信

埼玉新聞

 埼玉県の熊谷地方気象台は7日、台風5号が8日明け方から朝にかけて、埼玉県に最接近する恐れがあると発表した。雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みで、同日未明から昼前にかけては局地的に1時間で50ミリの猛烈な雨が降ると予想されている。秩父市には土砂災害警戒情報が出ている。

 同気象台では、落雷や竜巻など激しい突風や強風のほか、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けている。

 8日夕方までの24時間の総雨量は北部、南部、秩父地方ともに多いところで200ミリ。8日未明から昼前までがピークで、1時間当たり50ミリの雨量、最大で12メートルの強風が予想されている。

 台風5号は7日、四国の太平洋岸を進み、午後3時半ごろ、和歌山県北部に上陸。西日本から東日本まで広い範囲で断続的に非常に激しい雨が降った。8日にかけて北東に進んで日本海に抜ける見通し。

 県内は8日夜、曇り。9日は曇り時々晴れで、35度を超える蒸し暑い天気になることが予想されている。

最終更新:8/7(月) 23:52
埼玉新聞