ここから本文です

ムバッペとデンベレはどちらが上? 仏の将来担う2人を英紙が比較

8/7(月) 18:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

1対1の成功率などを比較

今夏ブラジル代表FWネイマールを失ったバルセロナは、その代わりにドルトムントFWウスマン・デンベレの獲得を狙っている。バルセロナ側は1億ユーロ近い額を準備しているとも言われているが、ここで気になるのが今夏大きな注目を集めているモナコFWキリアム・ムバッペだ。

レヴァンドフスキはオバメヤン残留大歓迎!

ムバッペにはレアル・マドリードが関心を持っているとされているが、デンベレはムバッペより劣っている選手なのだろうか。今夏の市場ではムバッペの方が注目を集めているが、英『METRO』はムバッペと比較しながらデンベレの能力の高さを称賛している。

デンベレは20歳、ムバッペは18歳と両者とも若く、どちらもフランス人選手だ。プレイしている環境はデンベレがブンデスリーガ、ムバッペはリーグ・アンと違いがあるものの、デンベレはムバッペにも負けないほどのスタッツを残している。2016-17シーズンはリーグ戦の得点数はムバッペが15点、デンベレは6点と差があるものの、アシストではデンベレが12アシストでムバッペの8アシストを上回っている。さらにチャンスメイク数ではデンベレが63回、ムバッペが31回と大きな差があり、1対1の成功率でもデンベレは57・38%とムバッペの47・37%を上回っている。

この数字を見ても、デンベレは決してムバッペより劣っている存在ではない。今夏大きな注目を集めているのはムバッペの方だが、同メディアもデンベレがネイマールの穴を埋められる存在だと能力を称賛している。ムバッペの注目度を考えると、デンベレももっと騒がれても不思議はない選手と言えるはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報