ここから本文です

自民・高村副総裁、対北制裁で「中国の役割」歓迎

8/7(月) 21:11配信

ホウドウキョク

自民党の高村副総裁は7日、中国共産党の対外窓口のトップである、宋対外連絡部長と会談し、北朝鮮への制裁決議に対する中国の役割を歓迎する意向を示した。
高村氏は「このたび、国連で北朝鮮関連の決議ができたのは、本当に良かったと思いますし、中国が積極的な役割を果たしていただいたことに、敬意を表しております」と述べ、国連安保理での中国の対応を評価した。
ただ、北朝鮮への今後の対応については、宋氏が「われわれは、一貫して対話と協調の姿勢だ」と述べたのに対し、高村氏は「対話や協調も大事だが、今は圧力も必要だ」と応じ、温度差が残った。
一方、政府が、東京での開催を目指す、日中韓首脳会談をめぐっては、高村氏が、中国の李克強首相の訪日に期待を示したのに対し、宋氏は「実現に向けて、環境を整備することが必要だ」と述べるにとどめた。

画像つきで記事をみる

最終更新:8/7(月) 21:11
ホウドウキョク