ここから本文です

岡田准一主演『関ヶ原』、見つめ合う“石田三成”&“初芽”も描く新予告編解禁

8/7(月) 17:40配信

クランクイン!

 歴史小説界の巨匠・司馬遼太郎原作の映画『関ヶ原』が、岡田准一、役所広司、有村架純ら豪華キャストにより完全実写化。まもなくの映画公開に先駆け、最新の予告編が解禁され、石田三成と徳川家康が“関ヶ原の戦い”に挑むまでの心理戦が描かれているほか、三成役の岡田と有村演じる初芽が見つめ合う姿も映し出されている。

【関連】初芽役「有村架純」フォトギャラリー


 映画『関ヶ原』は、戦乱の世に終止符を打ち、のちの日本のあり方までも決定づけた歴史的な合戦“関ヶ原の戦い”をテーマにしたスペクタクル・アクション。秀吉(滝藤賢一)亡きあと、豊臣家への忠義から立ち上がった石田三成(岡田)や、天下取りの野望を抱く徳川家康(役所)などが世紀の合戦へ向かうまでの経緯、そして、三成を守る忍び・初芽(有村)との密やかな“愛”の姿などが描かれる。

 今回、解禁された最新予告編は、三成が秀吉の家臣になったきっかけといわれるお茶でのおもてなしシーンからスタート。“佐吉”の愛称で呼ばれた三成のセリフ「義を貫く者に心惹かれます」からは、正義を信じ、愛を貫くその人柄が垣間見える。

 しかし、義を重んじるがあまり家康のしたたかさが気に入らない三成と、その姿勢を快く思わない家康は次第に敵対関係に。さまざまな人物を巻き込み、やがて“関ヶ原の戦い”へと発展していくさまが映像からも伝わる。

 さらに、三成と初芽のたがいの“恋心”を感じさせるシーンも解禁。「人とも女とも思ってくださいますな」と発していた初芽であったが、そんな初芽に対して「必ず戻ってまいれ」と三成が声をかけるなど、少しずつ二人の距離が縮まる予感を感じさせるシーンも収録されている。

 映画『関ヶ原』は、8月26日より全国ロードショー。

最終更新:8/7(月) 17:40
クランクイン!