ここから本文です

『BORDER2 贖罪』に國村隼&満島真之介&中村ゆりか参戦 新場面写真も公開

8/7(月) 17:00配信

クランクイン!

 小栗旬主演のドラマ『BORDER』の、3年ぶりの続編ドラマスペシャル『BORDER2 贖罪』の新たなキャストとして國村隼、満島真之介、中村ゆりかが発表となった。併せて新たな場面写真も公開された。

【関連】「満島真之介」フォトギャラリー


 頭部を被弾して生死の境をさまよい“死者と対話できる”特殊能力を得た刑事・石川安吾(小栗旬)が、被害者らの無念を晴らすべく、生と死、正義と法などの“BORDER=境界線”のはざまで事件に立ち向かう姿を描いた『BORDER』。原案・脚本は、直木賞受賞小説『GO』やドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』を手掛けた金城一紀が担当している。

 國村が演じるのは、温厚で人望もあり、庁内では人格者として通っており常に柔和な顔つきで人に接する一方で、鋭い観察眼を隠し持つ警視庁の監察管理官・久高喬役。満島はある事件に関して、重要な捜査対象となる、謎の人物・原口知幸役、中村はある殺人事件の被害者で、死者として現れる須藤真実役を演じる。

 かつてドラマ『獣医ドリトル』で小栗と共演した國村。今回の共演では「現場で他愛もない日常会話を交わしているときも、どこかで彼は石川というキャラクターを意識しているかのようでした。かつて『獣医ドリトル』で共演したときとは全然印象が違いましたよ(笑)」とコメント。「小栗くんとのお芝居はとても面白くて、目線の芝居や意識の置きどころなど、的確な表現を打ち出してくれるので、こちらにも大変刺激になったと思います」と有益な撮影になった様子を明かしている。

 また小栗と初共演の満島は「作品の真ん中に立つ者としての覚悟、存在感…見事です。背中の大きな、魅力的な方に出会えて幸せです」と強い印象を受けた様子。中村も「何かの圧力をかけられ、壊れてしまいそうなオーラを感じました。表現力がとても高い俳優さんですし、とても優しい方だとも思います」と小栗を絶賛している。

最終更新:8/7(月) 17:00
クランクイン!

Yahoo!ニュースからのお知らせ