ここから本文です

肝疾患の死亡率、沖縄は男女とも最悪 肝硬変要因の約6割がアルコール

8/7(月) 10:35配信

沖縄タイムス

 厚生労働省の2015年都道府県別年齢調整死亡率(人口10万人当たりの死亡数)で、沖縄はアルコールや生活習慣による脂肪肝などが要因の肝疾患の死亡率が、男女ともに全国最悪であることが明らかになった。糖尿病の死亡率も女性が全国ワーストで、男性は6位と上位だった。肝疾患治療の専門医師は「アルコールによる肝硬変が多いのが沖縄の特徴。大人への指導だけでなく、子どもの時から飲酒についてどう教育していくかが重要になってくる」と話した。

 年齢調整死亡率は、年齢構成の異なる地域間の死亡状況を比較できるよう、年齢構成を考慮して補正した死亡率。

 沖縄の肝疾患死亡率は、10万人当たり男性18・7人、女性6・0人で、全国の男性9・8人、女性3・5人を大きく上回った。沖縄は10年の前回調査の男性17・9人(1位)、女性5・8人(2位)から数値が悪化した。

 沖縄の糖尿病死亡率は女性が3・9人で1位、男性が6・7人で6位だった。全国は男性5・5人、女性2・5人だった。10年調査では男性7・6人で11位、女性は4・1人で7位だった。

 死亡数を人口で割った粗死亡率でも、沖縄の男性の肝疾患死亡率は全国最悪だった。女性は14位。

 肝疾患診療連携拠点病院を担う琉球大学医学部付属病院の前城達次医師は、沖縄の肝硬変の要因の約6割がアルコールで、C型肝炎やB型肝炎が7割以上を占める全国との違いを指摘。「飲酒を含めた生活習慣の見直しをどうにかしないといけない。改善は簡単な話ではないが、子どもたちへの教育などを含め、アルコール対策に力を入れていくしかない」と話した。

最終更新:8/10(木) 15:30
沖縄タイムス