ここから本文です

ガスリー、2018年のF1昇格を諦めず。「トロロッソでグリッドにつくことが目標」

8/7(月) 14:07配信

オートスポーツweb

 2016年のGP2チャンピオンであるピエール・ガスリーは、来季トロロッソでF1へとステップアップする望みを持ち続けており、現在も決定を待っている最中であると認めた。

ブダペストでの合同インシーズンテスト初日は、マックス・フェルスタッペンが走行した

 2017年シーズンのトロロッソにはカルロス・サインツJr.とダニール・クビアトが参戦しているため、ガスリーはTEAM無限で日本のスーパーフォーミュラを戦っている。7月にはフォーミュラEのニューヨークePrixにも、セバスチャン・ブエミの代役として出場した。

 ガスリーはハンガロリンクで行われた合同テストで、レッドブルのマシンを走らせている。テスト2日目には107周を走行して1分20秒337のタイムを記録し、前日にマックス・フェルスタッペンが出した1分21秒228を上回った。

 ガスリーは自身の将来について、以下のように語っている。

「僕のプランはもちろん、トロロッソでF1のグリッドにつくことだ。2018年にグリッドにつくことを目標としている。いまは多くのことが動いているけれど、僕にとって良い風向きになることを望んでいるよ。現状では待つことが必要だが、来年のグリッドにつくことが絶対的な目標なんだ」

「昨シーズンのGP2でタイトルを勝ち取ったのだから、当然ながら狙いはF1だ。ルイス(ハミルトン)も、ニコ(ロズベルグ)も、ストフェル(バンドーン)もGP2を制している。ほとんどのドライバーが通ってきた道なんだ」

 ガスリーは、レッドブルのモータースポーツコンサルタントであり、ドライバー育成プログラムの責任者でもあるヘルムート・マルコと個人的に連絡を取り合っていると言う。

「僕にはマネージャーがいないから、直接彼と話をしている。彼はとても率直な人間なんだ。何かが起きたときには電話をしてきて、その場で解決する」

ガスリーは「まだ8月の始めなのだから、時期的に少し早すぎる。けれども今月は、もっとニュースが聞けるといいなと思っているよ」と話しており、2018年シーズンのプランについて明確な知らせがないことに驚いてはいない。

 今季F1への昇格が叶わなかったことについては「つらかった」と認めたが、時間を有効に活用しているのだとガスリーは語る。

「いまのところはレッドブルで1年間をリザーブとして過ごす。それだって僕には役立つ経験だ。できるかぎり身体の準備を整えておくということに、とても集中している」

「チャンスがあったときに、最高の状態でパフォーマンスを発揮できるようになっていられるといいね。現状では、何が起こるかを見守り続けることが必要なんだ」

[オートスポーツweb ]