ここから本文です

フランス2年目の酒井宏樹が開幕戦フル出場!マルセイユは3発発進

8/7(月) 13:18配信

ゲキサカ

[8.6 リーグ1第1節 マルセイユ3-0ディジョン]

 リーグ1は6日に第1節を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユはホームでディジョンと対戦し、3-0で快勝した。酒井は2年連続で開幕スタメンの座を射止め、右サイドバックでフル出場した。


 今オフにFWからGKまでの中央ラインを補強したマルセイユ。EL予選3回戦第1戦でハットトリックを記録したFWバレール・ジェルマンのほか、MFルイス・グスタボ、DFアディル・ラミ、GKステーブ・マンダンダら新戦力が先発した。

 慎重な試合運びの中、酒井も守備に追われる場面が目立った。前半21分には右サイドでMFフロリアン・トバンからパスを受け、ダイレクトでクロスを入れたが、相手守備陣のクリアに遭った。

 前半を0-0で折り返すと、マルセイユは後半開始からFWディミトリ・パイェに代えてMFクリントン・エンジーを投入。この采配が見事に的中する。後半6分、ルイス・グスタボがルーレットで相手をかわし、右サイドに展開。ジェルマンのクロスにエンジーが飛び込み、体ごと押し込んだ。

 さらに後半9分、カウンターからトバンがドリブルで持ち込み、PA内に切れ込んで左足でシュート。2-0とリードを広げると、同27分にはエンジーが左サイドからドリブルで中央に切り込み、右足を振り抜く。相手のブロックに当たって浮いたボールがGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれ、ダメ押しの3点目となった。

 後半から投入されたエンジーの2得点の活躍でマルセイユが3-0の完封勝利。開幕戦を白星で飾り、好スタートを切った。前半は守備に追われた酒井も後半に入ると、積極的に高い位置を取ってクロスを供給。ジェルマン、トバンとの連係からチャンスに絡むなど、フル出場で勝利に貢献した。

最終更新:8/7(月) 13:18
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報