ここから本文です

高杉真宙×葉山奨之のW主演で「セトウツミ」ドラマ化!

8/8(火) 6:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 此元和津也氏の人気漫画「セトウツミ」が、高杉真宙と葉山奨之のダブル主演で連続ドラマ化されることがわかった。監督はエピソードごとに異なり、「PARKS パークス」「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」で知られる瀬田なつき、「東京ウィンドオーケストラ」「神奈川芸術大学映像学科研究室」の坂下雄一郎、「獣道」「聖の青春」などで助監督を務めた杉田満が交代で担当する。

【フォトギャラリー】「セトウツミ」ビジュアル

 「別冊少年チャンピオン」(秋田書店刊)で連載中の原作漫画「セトウツミ」は、関西弁の高校生2人が、放課後にまったり喋るだけというシンプルな内容が人気の作品。ウィットに富んだセリフ、シニカルな会話の面白さが多くの読者を魅了し、2016年には池松壮亮と菅田将暉の主演、大森立嗣監督のメガホンで実写映画化された。

 連続ドラマ版は、「トリガール!」「散歩する侵略者」「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」など、出演作が多数待機中の若手人気俳優・高杉が塾通いのクールなメガネ男子・内海に扮する。一方、NHK連続テレビ小説「まれ」で主人公の弟を好演し、「きょうのキラ君」「青空エール」などの話題作に出演した葉山が元サッカー部でお調子者の瀬戸を演じる。さらに、ハツ美ちゃん、田中君、馬場君、ゴリラ先生など、映画版には登場しなかった原作の人気キャラクターも登場。最新エピソードも多数収録される。

 漫画好きとして知られる高杉は、「もともと原作を読ませて頂いていて、以前から『何だ? この会話だけでほとんど何もしていなくて場所も固定なのに面白い漫画は!!』と思っていました。なので、ファンとしては作品をやらせて頂ける事はすごく嬉しいです」と、原作愛を爆発させる。そのうえで、「まずは大阪弁を必死に練習したいと思います」と意欲をみなぎらせている。

 一方の葉山は、「以前、映画化された『セトウツミ』を見てその設定に衝撃が走りました。放課後河川敷に座り、ただただ“喋るだけ”。それなのになぜか2人から目が離せなくなる。原作も1人でクスクス笑いながら、一気に読みました!」と明かし、「高杉くんとは一緒にお芝居をするのが初めてなので、どんな反応が起こるか今から本当に楽しみです」と期待を寄せている。

 またテレビ東京プロデューサーの小林史憲氏は「いまノリに乗っている2人がどんなセッションを見せてくれるのか? 部活、恋愛、家族、受験、友情……誰もが経験したことのある青春時代の悩みを、クールでナナメでシニカルな2人のトークで描きます」とコメントを寄せている。ドラマ「セトウツミ」は、テレビ東京系で10月から毎週金曜深夜0時52分放送。

最終更新:8/8(火) 6:00
映画.com