ここから本文です

本郷奏多、山崎賢人×広瀬アリス「氷菓」で最重要キャラ・関谷純役に!

8/8(火) 8:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 俳優の本郷奏多が、山崎賢人&広瀬アリス主演で作家・米澤穂信氏の青春学園ミステリー小説を実写映画化する「氷菓」に出演していることがわかった。「鋼の錬金術師」「いぬやしき」の公開を控える本郷が、“物語最大の謎”のカギを握る重要人物・関谷純を演じる。

 コミカライズやアニメ化もされた人気小説「古典部シリーズ」を、「劇場版 零 ゼロ」の安里麻里監督が映画化。姉の命令で廃部寸前の古典部に入った“省エネ主義”の神山高校1年生・折木奉太郎(山崎)が、好奇心のかたまりのお嬢様・千反田える(広瀬)とともに、校内で起こる不思議な出来事を解き明かす姿を描いた。

 物語の軸は、えるが奉太郎の推理力を見込み、自身の伯父(おじ)であり消息不明の関谷が“やさしい英雄”と呼ばれるきっかけとなった、33年前の事件を解明してほしいと依頼したこと。関谷はかつて同校古典部に所属しており、えるは5歳のとき、部にまつわる逸話を聞かされていた。新生古典部を結成した奉太郎たちは、謎解きの過程で33年前に発行された古典文集「氷菓」にたどりつき、神山高校で起きた事件と、関谷が英雄として同校を去ったという事実を知る。封印され続ける過去、“やさしい英雄”という言葉の意味、文集「氷菓」に秘められたメッセージ……。奉太郎とえるは、時を経た謎に挑んでいく。

 映画「GANTZ」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」などでその才能を遺憾なく発揮してきた本郷が、高校時代の関谷に扮する。筋金入りのアニメ・マンガファンなだけに「(オファーは)アニメを見ていて好きな作品だったので、純粋に嬉しかったです」と喜び、「無理なく実写化できる世界観でありながらとても人気のある作品なので、実写化するなら是非見てみたいなと思っていました」と語る。撮影現場の雰囲気については、「終始1人での撮影だったので、どなたともご一緒できず寂しかったです」と悲しそうに述べている。

 安里監督は関谷のキャスティングに苦悩したようで、その理由を「33年前の高校生で、今はいない。奉太郎たちの想像の中でしか出てこない少年。脚本を執筆している時は、顔すら出さなくてもいいのではないか? とすら考えました」と明かす。しかし「真実を知ったときに見えてしまうその少年の顔、それらがやはり必要だと感じ、本郷奏多さんにお願いしました。撮り終え、その上がりをみた時に、その決断が本当に正しかったと痛感しております。本郷さんの迫力、説得力は私の頭にあったものを超えていました」と説明。本郷の実力を、「天才とはこういう人を言うのかもしれないと感じます。こちらが持っていきたい方向をいつの間にか理解していて、気づいたらこなしてしまっている。聡明で、芝居やアクションの勘が素晴らしく、撮影していて感動する瞬間が何度もありました」と感服の様子だ。

 「氷菓」は小島藤子、岡山天音が共演し、11月3日から全国公開される。

最終更新:8/8(火) 8:00
映画.com