ここから本文です

DNPと電気通信大学、人とコミュニケーションできる「表現AI」共同研究

8/8(火) 8:00配信

アスキー

DNPと電気通信大学の長井隆行研究室および中村友昭研究室は、人間の言葉や表情、ジェスチャーにあわせて自動的に返答とジェスチャーを生成する「表現AI」の共同研究開始を発表した。

 大日本印刷(DNP)と、電気通信大学の長井隆行研究室、および中村友昭研究室は8月7日、人間の言葉や表情、ジェスチャーにあわせて自動的に返答とジェスチャーを生成する「表現AI」の共同研究開始を発表した。
 
 DNPは、AIを活用した音声や映像を組み合わせた分析により人間と情報デバイスとの円滑な情報のやり取りを支援する「知能コミュニケーションプラットフォーム」の構築を進めているが、言語とジェスチャー・表情などの相関関係づけには、人間の判断が必要だという。
 
 電気通信大学では、AIが自律的に概念を学ぶ方法として、人間の成長過程と同様に周囲の状況を観察・行動しながら異なる相手との相関関係を分析して自律的に成長していく「記号創発ロボティクス」の研究を進めている。
 
 両者は共同研究を通じて、AIによる言語とジェスチャー・表情などとの相関分析の自動化を目指すという。
 
 2017年度中に、情報デバイス(ロボット、チャットボット、デジタルサイネージなど)が、ジェスチャー付きで会話をする表現AIのプロトタイプを開発し、その後実際の情報デバイスを利用した自動プレゼンテーションの実証実験をする予定。
 
 将来、店舗での案内やECサイトなどでの顧客対応など、生活者とのコミュニケーションを支援するサービスの展開を目指しているという。
 
 
文● ラッキー橋本/ASCII

最終更新:8/9(水) 12:28
アスキー