ここから本文です

クリス・エバンス×マーク・ウェブ監督のハートウォーミング・ストーリー11月公開

8/8(火) 10:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのマーク・ウェブ監督最新作「gifted ギフテッド」が、11月に公開される。「キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ」シリーズで成功を収めたクリス・エバンスが、幼い姪に愛情を注ぐ独身男を演じる。

 映画は、生まれて間もなく母親を亡くし、独身の叔父フランク(エバンス)に育てられた少女の特別な才能をめぐるハートウォーミング・ストーリー。7歳で生意気盛りのメアリーは、米フロリダの小さな町で、フランクとささやかながら幸せに暮らしていた。しかし、その幸せはメアリーの特別な才能が明らかになったことで揺らぎ始める。フランクは、亡き姉から託されたある秘密によりメアリーの特別扱いを頑なに拒むが、フランクの母エブリンはメアリーに英才教育を施すため、2人を引き離そうとする。

 メアリーを演じるのは、マーゴット・ロビー主演の伝記映画「I,Tonya(原題)」でロビーの幼少期を演じている注目の子役マッケンナ・グレイス。厳格なフランクの母エブリンにリンゼイ・ダンカン、メアリーとフランクをあたたかく見守る教師役に、実生活でエバンスとのロマンスが話題のジェニー・スレイト、気のいい隣人にオスカー女優のオクタビア・スペンサーが扮する。

 あわせてお披露目されたポスター画像は、フランクを真っ直ぐに見つめるメアリーの姿に「いちばん大切なのは、<愛する>才能」というキャッチコピーが添えられ、2人の絆を感じさせる仕上がりとなっている。また場面カットでは、メアリーがフランクの上で足を組み、楽しげに話しかけるというほほ笑ましい日常を切り取っている。

 「gifted ギフテッド」は、11月23日から東京・TOHOシネマズシャンテほか全国で公開。

最終更新:8/8(火) 10:00
映画.com