ここから本文です

「ICOの動きが一目で分かるツール」コインデスクが開発

8/8(火) 6:30配信

ZUU online

新たな資金調達手段として注目を集めるICO(Initial Coin Offering)専用トラッキング・ツール「コインデスクICOトラッカー」のサービスを、コインデスクが開始した。

データへのアクセスやチャート・ツールを通して、世界のICOおよびブロックチェーン・トークン販売の動きを分析・追跡することが可能だ。

■シンプルで使いやすいツールでICOの動きを追う

コインデスクICOトラッカーでは、これまでのICOの調達額と、毎月の新たなICO調達額を追跡できる。

累計チャートを見ると、ICOの需要が2017年3月頃から著しく伸びているのが分かる。月ごとの新規ICOチャート では、6、7月のファンディング総額が5月の2倍に増え、それぞれ5億ドル前後調達していた、といった具合だ。

「ICOエクスプローラー」 というツールでは、ファンディング規模や情報をヴィジュアル化してくれるため、例えば「現時点で最大のICOはTazosで、2017年に2.3億ドル調達した」といった情報がすぐに引き出せる。

原理的には非常にシンプルだが、そこが逆に使いやすい。さらに詳しい情報を入手したい場合、コインデスクのサイト(https://www.coindesk.com/download-coindesk-ico-data/)から無料でダウンロード可能だ。

■ICOの累計ファンディング額が16億ドル突破

コインデスクの最新データによると、ICOによる累計ファンディング額は7月に16億ドルを突破 。

ICOの規模自体は米国のIPOなどとは比べ物にならないが、その成長速度には驚かされる。16億ドルのうち14億ドルが今年に入って調達されたもので、前年比600%という成長率だ。
2014年から17年にかけて、ブロックチェーン・スタートアップが従来のベンチャー・キャピタル(VC)企業から調達した金額は、18億ドル に達しているという。

第2四半期だけに焦点を絞ると、ブロックチェーン関連のプロジェクトがICOで調達した金額は8億ドル。そのうち2.5億ドルをVC企業が支援している。

今後ますます盛んになると予想されるICO。コインデスクICOトラッカーのような賢いツールの需要も高まるだろう。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

(FinTech online編集部)

最終更新:8/8(火) 6:30
ZUU online