ここから本文です

(社説)オスプレイ―飛行中止を求め続けよ

8/8(火) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 日本政府の申し入れは、米軍にとって、これほどまでに軽いものなのか。
 オーストラリア北東部で在沖縄米海兵隊のオスプレイが墜落した事故を受け、小野寺防衛相が日本国内での飛行自粛を米軍に申し入れた。だが、その翌日のきのう、米軍は日本の要請が耳に入らぬかのように、沖縄の普天間飛行場から同型機1機を飛び立たせた。
 米軍の安全への意識の低さ、日本国民・沖縄県民への配慮のなさに慄然(りつぜん)とする。
 昨年12月に同県名護市の海岸で同型機が大破する事故を起こした際にも、米軍はわずか6日後に飛行を全面再開。日本政府もこれを追認した。……本文:1,792文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社