ここから本文です

ネット・ラジオ“dublab.jp”がリニューアル 橋本 徹や原 雅明による新番組がスタート

8/8(火) 16:39配信

CDジャーナル

 世界中にリスナーを持つアメリカ・ロサンゼルスの非営利ネット・ラジオ“dublab”の日本ブランチ“dublab.jp”が、毎週水曜日の20時または21時から行なっている定期放送を8月からリニューアル。新番組として、第3水曜日には橋本 徹(SUBURBIA / Cafe Apres-midi / Free Soul)による「suburbia radio」、第4水曜日にはdublab.jpを主宰する音楽評論家の原 雅明による「rings radio」がスタート。

 リニューアル後の初放送となる8月9日(水)20:00からは、AZZURROによるレギュラー・プログラム「Ultimate Breaks & Beats Session」と、DJ / イベント・オーガナイズ / 執筆など、さまざまな角度から音楽に携わってきたYusaku Shigeyasuによる新プログラム「Nowhere 360」をRed Bull Studios Tokyoから生放送。

 8月16日(水)21:00からスタートする、橋本 徹が選曲 / パーソナリティを務める『suburbia radio』は、東京・渋谷 Cafe Apres-midiから生放送されます。第1回のゲストはサラミ・ローズ・ジョー・ルイスを招き、“ベッドルーム・ライヴ”とインタビューが予定されています。

 8月23日(水)21:00からは、dublab.jpを主宰し、ringsレーベルのプロデューサーを務める原 雅明による『rings radio』の第1回目が放送されます。9月にハーヴィー・メイソンのバンド・メンバーとして来日するジョセフ・ライムバーグがLAから参加。またその公演が行われる東京・南青山 Blue Note Tokyoの広報担当、岡田安正を招き、“攻めの姿勢”を見せるBlue Note Tokyoについてのトークが展開される予定です。番組の詳細、視聴方法はdublabのウェブ・サイトでご確認ください。

最終更新:8/8(火) 16:39
CDジャーナル