ここから本文です

保ち合いが続いている限りは特に波乱もなさそう

8/8(火) 8:40配信

ZUU online

昨晩は千葉でもかなりの雨が降りましたが、今朝はすっきりとはいかないものの雨が上がっていました。通勤時に雨でなく、ひとまずは良かったという感じです。株式市場は相変わらず米国株は堅調という感じですが為替も動きがなく、特に手掛かりに乏しい日本市場は相変わらず小動きということになりそうです。

動かないということが当たり前になってしまっているので、こういうときは意外に大きく動き、動き始めるとさらに一方向に動くということもあるのですが、さすがにお盆休みということでもあり、本日も「閑散小動き」となりそうです。「買える銘柄」も少なくなってきており、さらに買われるだけの材料待ちの間しっかりと値を保てるかどうかということなのでしょう。

米国市場は堅調、為替も落ち着いており、夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物が堅調となったことから本日の日本市場も堅調な展開が期待されます。ただ、お盆休み期間に入り、腰の据わった買いも入り難いことや積極的に買い上がる材料も特にないことなどから上値も重くなりそうです。持高調整の売り買いが中心となってくるものと思われ、指数は小動きに終始しそうです。小型銘柄など値動きが良いものに目先筋の買いも集まりそうです。

2万円台を回復となりましたが、今一つ上値が重くなっています。引き続き2万円を超えれば売りという雰囲気になるのか、2万円台固めとなってくるのかというところですが、2万円を挟んでの保ち合いが続くとみておいた方が良さそうです。上値は20,200円~300円程度、下値は19,700円~800円程度という感じです。

■本日の投資戦略

オプションSQ(特別清算指数)算出を控えていると言っても2万円を挟んでの保ち合いという雰囲気が続いている限りは特に波乱もなさそうです。個別に買い進まれるというものも多くはなく、上がれば売られ、下がれば買われるというものが多いような感じです。為替に動きが見られないと方向感に乏しい展開が続きそうです。

好決算に反応するものも多いのですが、最後まで買い切れないという感じです。先行きに対する不安が根強いということですから、不安を煽るように円高に振れるとか、米国の景気に陰りがみられるということになると手仕舞い売りを急ぐことになるのでしょう。逆に言えば、米国の景気が好調ということで円安に振れるようであれば、上値を試すことになるのでしょう。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・アルゴナビス)、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メールマガジンも配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

最終更新:8/8(火) 8:40
ZUU online