ここから本文です

電通デジタルがSprinklr Japanと業務提携

8/8(火) 19:10配信

ITmedia マーケティング

 電通デジタルは2017年8月7日、ソーシャルデータを活用したデジタル変革支援において、Sprinklr Japanと業務提携契約を締結したと発表した。

 Sprinklr Japanは、ソーシャルメディア上のデータを活用した統合ソーシャルマネジメントプラットフォーム「Sprinklr」の提供を行う米Sprinklrの日本法人で、Sprinklrの日本国内における販売やサポート、コンサルティングを行っている。電通デジタルと同社は今回、顧客体験デザイン領域、顧客管理プラットフォーム領域、ソリューションフレームワーク領域の3つの領域で業務提携を行う。

 具体的には、顧客体験デザイン領域においては、両者が培ってきたソーシャルメディア領域での知見を活用し、顧客体験を大幅に改善するためのソリューションを提供。顧客管理プラットフォーム領域では、クライアント企業が保有するデータとソーシャルメディア上のデータを連携させることで、リアルタイムで統合的に顧客動向を把握するためのソリューションを提供する。ソリューションフレームワーク領域では、オリジナルのワークショッププログラムを通じて、中長期マーケティング戦略の策定に向けたソリューションフレームワークを提供するとしている。