ここから本文です

電通デジタルがSprinklr Japanと業務提携、ソーシャルデータ活用のデジタル変革を支援

8/8(火) 17:06配信

Web担当者Forum

デジタルマーケティング関連事業の電通デジタルは、ソーシャルメディア上のデータを活用した統合プラットフォームを提供する米国Sprinklr(スプリンクラー)の日本法人、Sprinklr Japan(スプリンクラージャパン)と業務提携契約を結んだ、と8月7日発表した。Sprinklr Japanは、企業向けの統合カスタマーエクスペリエンス(顧客体験)管理プラットフォーム「Sprinklr」を展開している。電通デジタルは代理店として日本市場でソリューションを提供し、ソーシャルデータを生かしたデジタル変革を支援する。

Sprinklrはソーシャルデータの蓄積・分析・広告配信を一元的管理するプラットフォームで、作業の軽減やコストの削減を図り、企業内の組織横断での意思決定プロセスの改善やIDを基にした顧客管理を実現する。企業の既存システムと統合して質の高いソーシャル上の顧客ケアが可能になる。電通デジタルは提携によって、顧客体験を大幅に改善するソリューションや、企業が保有するデータとソーシャルメディア上のデータを連携させてリアルタイムで統合的に顧客動向を把握するソリューションを提供する。

最終更新:8/8(火) 17:06
Web担当者Forum