ここから本文です

河野外相、韓国の康外相と初会談 慰安婦合意めぐり議論

8/8(火) 1:10配信

朝日新聞デジタル

 河野太郎外相と韓国の康京和(カンギョンファ)外相は7日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会合に参加するため訪問中のマニラで初めて会談した。韓国側によると、康氏は2015年末の日韓慰安婦合意を検証するために設置した特別チームについて説明したという。

 韓国外交省の発表によると、康氏は合意について「国民の大多数が受け入れられないでいる」と指摘。7月末に合意の内容や締結過程を検証するために設置した特別チームの趣旨を説明したという。一方、日本側によると、河野氏は合意の着実な履行を求めた。

 韓国側は合意検証は「被害者中心の考え方」を重視して進めるとしており、結果次第では、日韓の新たな火種になる可能性がある。

 一方、両外相は、日韓関係を未来志向で進展させていくことで一致し、安倍晋三首相と文在寅(ムンジェイン)大統領が「シャトル外交」復活で合意したことを踏まえ、相互訪問の準備を進めていくことにした。(マニラ=松井望美、武田肇)

朝日新聞社