ここから本文です

長友のライバル?ニースDFのインテル移籍迫る…8日メディカルチェック&正式契約へ

8/8(火) 12:16配信

GOAL

ニースのDFダルベルト・エンリケがインテル移籍へ向けてミラノに到着し、8日にはメディカルチェックが行われる。『Goal』の取材により明らかになった。

インテルでは昨シーズンのステファノ・ピオリ指揮下から、日本代表のDF長友佑都ら左サイドバックの所属選手が目立った活躍をすることができず、弱点の1つとして挙げられてきた。今夏の移籍市場において、インテルはターゲットをブラジル出身のダルベルトに定め、すでに5月には選手との個人合意に至った。ただ所属先のニースは選手を高く評価しており、インテルが移籍金を当初のオファーの3倍以上となる2000万ユーロ(約26億円)+ボーナスに引き上げる形でようやく合意を得ることに成功した。ダルベルトは7日、正式な手続きを経てミラノ入りし、8日にはメディカルチェック及び正式契約のサインへと移る。年俸は110万ユーロ(約1億4000万円)の5年契約とされている。

インテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティとって、待望の左サイドバックの獲得となるが、6日のビジャレアル戦終了後には、しばしばインテルサポーターのヤジの対象となり、ダルベルトと入れ替わりで退団するのではないかとうわさされている日本代表のDF長友佑都にも言及していた。

「(ダルベルトは)チームの力になってくれる選手だ。だが1つだけはっきりさせておきたい。他の選手を追い出すために新しい選手を獲得するのではない。チームをより良くするためだ。ナガトモは良い選手だからよく見てろ」

ブラジル出身のダルベルトは昨夏、ポルトガル・ヴィトーリア・ギマランエスからニースに加入した。昨シーズンはリーグ・アンで33試合に出場して安定した成績を収め、ニースのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献している。今夏はセリエAでのステップアップを希望し、移籍を志願していた。

GOAL

最終更新:8/8(火) 12:16
GOAL

スポーツナビ サッカー情報