ここから本文です

蘇嘉全立法院長、来月訪日 アジア諸国との国会議員交流で/台湾

8/8(火) 19:19配信

中央社フォーカス台湾

(台北 8日 中央社)蘇嘉全立法院長(国会議長)が9月に日本で開催される「アジア・太平洋国会議員連合」(APPU)総会に出席するため、与野党議員からなる訪問団を率い、同月17~20日の日程で訪日、アジア諸国の国会議員と交流する。

APPUは中華民国が現在唯一、「中華民国」の名称で正加盟国として参加している、国会議員を対象にした国際組織。関係筋によると、訪日する議員は与党・民進党から7人、野党からは国民党4人、時代力量2人、親民党1人の計14人。現在のところ、詳細な日程はまだ明らかになっていない。

APPUの前身は1965年、岸信介元首相らの提唱によって創設された「アジア国会議員連合」(APU)で、発足時のメンバーは中華民国、日本、韓国、タイ、フィリピン。後に加盟国を増やし、1980年に現在の名称に改めた。

(陳俊華/編集:塚越西穂)