ここから本文です

(ひと)原田国男さん 日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した元裁判官

8/8(火) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 「原稿の第一読者は女房。『私がわからなければ、誰もわからない』と指摘を受けたおかげ」
 弁護士として働くかたわら、月刊誌で40回連載したエッセーをまとめた「裁判の非情と人情」(岩波書店)が日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。軽妙な語り口で、悩み迷う生身の裁判官の姿や死刑への思い、冤罪(えんざい)の再発防止策を打ち出さない最高裁への疑問などがつづられている。
 鎌倉生まれ。東大法学部を経て1969年に任官し、65歳で定年退官。高裁判事時代に20件超の逆転無罪判決を出したが、「最初は『無罪系』ではなかった」。……本文:1,107文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社