ここから本文です

ハハラッチ2期生始動 富士宮の魅力を取材

8/8(火) 8:19配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 子育て中の母親が富士宮市公認の記者となり、市の魅力を発信する「ふじのみやハハラッチ事業」はこのほど、第2期生ライターの養成講座を終了した。市役所で修了式を開き、5月から研修に励んできた7人が巣立った。

 メンバーは富士宮、富士市の30代を中心とした子育てママたち。計6回の講座を通じ、文章執筆やカメラの基礎技術などを学んだ。すでにライターとして活躍する1期生のサポートを受けながら、取材の幅を広げる。

 同事業は、市とNPO法人母力(ははりょく)向上委員会が昨年から進める取り組み。イベントや育児に役立つ情報などを主にホームページで紹介する。

 修了式では須藤秀忠市長が修了証と取材時に使う腕章、名刺を手渡し、「貪欲に市内各地を巡り、多くの人に魅力を伝えてほしい」と激励した。2期生として活動を始める関友梨奈さん(31)=富士市=は「ママ目線を大切に、独自性が出せるようにしたい」と意気込みを語った。

静岡新聞社