ここから本文です

EU離脱交渉、英内閣の意見対立で良いスタート切れず=元外務次官

ロイター 8/8(火) 10:47配信

 8月7日、2015年まで英外務事務次官を務めたサイモン・フレイザー氏は、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に向けた交渉について、目指すべき合意内容について英閣僚間で意見の相違があるため、好調なスタートが切れなかったとの見方を示した。写真はブリュッセルで7月撮影(2017年 ロイター/Yves Herman)

(ロイター)

最終更新:8/8(火) 17:13

ロイター