ここから本文です

東庄で早くも稲刈り 千葉

8/8(火) 7:55配信

産経新聞

 県内有数の早場米産地として知られる東庄町で7日、稲刈りが始まった。この日、地域で一番早い収穫作業を行った同町今郡のコメ農家、多田正吾さん(59)は「今年は春から温かく、天候にも恵まれたので、おいしい新米ができた」と豊作に期待を込めた。

 多田さん方では同日、家族や親戚ら5人がかりで作業にあたり、県の早生品種「ふさおとめ」の稲穂がたわわに実った2ヘクタールの水田で、コンバインを使いながら収穫した。

 昨年より2日早い稲刈りとなり、多田さんは「早ければお盆前の12日には新米が店頭に並ぶだろう」と話した。

最終更新:8/8(火) 7:55
産経新聞