ここから本文です

マツダ 小飼社長「世界初の革命エンジン」…予混合圧縮着火のSKYACTIV-Xを19年に商品化

8/8(火) 19:15配信

レスポンス

マツダの小飼雅道社長は8月8日、都内で記者会見し、技術開発の新たな長期ビジョンを発表した。このなかで、「HCCI」(予混合圧縮着火)と呼ぶ燃焼方式によって燃費性能を大幅に向上させるガソリンエンジンを、2019年に実用化する方針を示した。

[関連写真]

小飼社長はまず、2030年までを展望した技術開発やクルマづくりなどの理念を織り込んだ「サステイナブル”Zoom-Zoom”宣言2030」を設定したと表明。環境対応では、燃料の採掘から車両走行までを考慮する「Well to Wheel」での企業平均のCO2排出量を尺度とし、30年までに10年比で50%削減する目標を掲げた。50年には同比90%の削減を図る。

HCCIによるエンジンはガソリンを燃料として希薄燃焼させるもので、基本は圧縮着火だが一部のみ火花で着火させる。その制御が難しく、これまで実用化の例がない。燃費は同社の現行ガソリンエンジンより20~30%改善できるとしている。ガソリンエンジンとディーゼルの利点を合わせもつことからマツダは「SKYACTIV-X」と命名して普及させていく。

小飼社長は「内燃機関の徹底的な理想を追求し、量産にめどを付けた。世界初の革命エンジンとなる」と述べた。19年に乗用車に搭載して発売する計画だ。小飼社長は、17年にはメディア関係者向けに詳細な説明会や試乗会を開き、秋の東京モーターショーにも出展すると明らかにした。

このエンジンの他社への供給は行わず、小飼社長は業務資本提携したトヨタ自動車についても「競争領域の技術であり、当社にとってはど真ん中の1丁目なので、行わない。その旨(トヨタとも)話している」と語った。

一方、電動車両は19年に電気自動車(EV)やシリーズ型のハイブリッド車(HV)である「レンジエクステンダー」を、21年にはプラグインハイブリッド車(PHV)を投入し、電動化も加速させる方針だ。また、自動運転では同社独自のコンセプトによる技術を20年から実証実験し、25年までの標準装備を目指す計画としている。

《レスポンス 池原照雄》

最終更新:8/8(火) 20:20
レスポンス

Yahoo!ニュースからのお知らせ