ここから本文です

<井波彫刻>「カネゴン」頭部を再現 円谷プロとコラボ

8/8(火) 9:30配信

毎日新聞

 お金を食べ続けなければ死んでしまうウルトラマンシリーズの怪獣「カネゴン」の頭部を忠実に再現した木彫作品が4日、井波彫刻総合会館(富山県南砺市北川)で公開された。今月9~11日、東京都千代田区の東京国際フォーラムで開催される「ものづくり匠の技の祭典」で、86万4000円で販売される。

 井波彫刻協同組合(岩崎孝進理事長)が、ウルトラマンシリーズ制作の「円谷プロダクション」とコラボレーションした初の作品。井波彫刻が得意とする「獅子頭」の制作技術を生かし、組合所属の職人が木目も鮮やかな「怪獣頭」を、約1カ月かけて完成させた。

 ほかに、今年テレビ放送50年を迎えた「ウルトラセブン」の盾(16万2000円)、ウルトラマンのカラータイマーを形取った朱肉入れ(2万7000円)も同時に制作。カネゴンの目の部分が動いたり、セブンの頭部にある武器「アイスラッガー」は取り外してペーパーナイフとしても使えるなど、ファンのハートをくすぐる商品展開を狙った。

 岩崎理事長は「この機会に井波彫刻を広くPRしたい」と話している。【青山郁子】

最終更新:8/8(火) 9:30
毎日新聞