ここから本文です

沖縄副知事、オスプレイ墜落で抗議 米軍「飛行続ける」

8/8(火) 11:47配信

朝日新聞デジタル

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備されているオスプレイが豪州沖で墜落した問題で、沖縄県の富川盛武副知事は8日、在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官に面会し、「県民は大きな衝撃を受けている」と抗議した。一方、ニコルソン氏は今後も飛行を続けると説明したという。

 富川氏によると、面会は約30分、キャンプ瑞慶覧(北中城村など)内で行われた。富川氏はオスプレイの飛行中止を求めたが、ニコルソン氏は県民が安全性に危惧を抱いていることに対して理解は示したものの、明確な謝罪の言葉はなく、「沖縄に限らず世界中で飛行させている。軍の方針だ」と説明したという。

 5日の事故を受けて、小野寺五典防衛相も日本国内でのオスプレイ飛行自粛を米側に求めているが、7日に普天間のオスプレイ1機が飛行していた。(山下龍一)

朝日新聞社