ここから本文です

かがわ縁結び支援センター人気 登録者4倍の801人 香川県「おせっかいさん」追加募集

8/8(火) 7:55配信

産経新聞

 未婚男女の結婚を支援する香川県の「かがわ縁結び支援センター」(EN-MUSUかがわ)が人気を博している。今年1月の本格稼働から7月末までで登録者が約4倍の801人に上り、登録者同士の顔合わせ件数も260件を超えた。支援センターは登録者の結婚を後押しするボランティア「縁結びおせっかいさん」の追加募集を行っている。

 支援センターは会員制で自分の写真やプロフィルなどを登録。専用の端末で条件に合う異性を検索し面会を申し込む。承諾された相手とは日程や場所を調整した上で顔合わせとなる。顔合わせ時には「おせっかいさん」が同席する。

 登録は昨年10月から受け付けを始め、1月の本格稼働時には216人。その後も順調に増え続け、7月末時点で20~60代の男女801人(男442人、女359人)が登録している。

 相手の検索や面会の申し込みは事前予約が必要だが、稼働時から利用が多く、特に利用が集中する日曜日は1カ月以上予約がとれない状況が続いた。これを受け、支援センターは5月から県内4カ所の県民センターに特設会場を設置。中讃県民センターでは月4回、東讃と西讃は同2回、小豆は同1回、相手の検索などを可能にした。

 1月は23件だった顔合わせも、6月は52件、7月は59件と増加。結婚に至った事例はまだないが、順調に交際を続けているカップルは多数いるという。これに伴い今後、面会時の同席やその後の相談などに当たる「おせっかいさん」の不足が見込まれることから、追加募集を行うことにした。

 「おせっかいさん」は結婚を経験し、顔合わせ時の同席や結婚に関する相談に対応できる男女。期間は1年で更新可能。19日午後1時半から高松商工会議所会館で登録説明会を開く。申し込みは16日までで支援センターホームページで受け付ける。

 支援センターの藤田泰弘所長は「晩婚・非婚が話題になっているが『結婚したい』というニーズが高いことが改めて分かった。登録者向けの研修や相談なども充実させ、県民の結婚を後押ししていきたい」と話している。

 登録や「おせっかいさん」に関する問い合わせは支援センター(電)087・862・1711。

最終更新:8/8(火) 7:55
産経新聞