ここから本文です

スイスフラン安観測、国内輸出企業に恩恵

8/8(火) 12:57配信

ロイター

[チューリヒ 7日 ロイター] - スイスフランは経済、金融、テクニカル要因から対ユーロで当面下落を続けるとみられる中、同国の輸出企業が恩恵を受けるとの期待が高まっている。

フランは7月以降、対ユーロで約5%下落。スイス国立銀行(中央銀行、SNB)が2015年1月にフランの対ユーロ上限を撤廃して以来の安値圏で推移しており、上限撤廃以降利益が減少していた輸出業者はこの流れを歓迎した。

同国の研削盤メーカー、アガトンのミヒャエル・マークル最高経営責任者(CEO)は「当社を含め、すべての輸出業者にとって非常に良いニュースだ」と述べ、「今後もこの動きが続き、継続可能であることを祈ろう。当社の売上高は50%前後がユーロ建てであり、フラン安は非常に有利に働く」と述べた。

クレディ・スイスによると、ユーロ建て売上高の多い企業としては衛生機器大手ゲベリット<GEBN.S>、歯科インプラントのシュトラウマン<STMN.S>などが挙げられるという。

7日、ユーロ/フラン<EURCHF=>は1ユーロ=1.1472フランと、7月初めの1.0942フランから下落した。4月は1.0700フラン近辺で推移していた。

状況的なデータは、ユーロ高・フラン安局面が終わっていないことを示唆している。

スイスの政策金利は世界でも最も低い部類に入り、中銀預金金利はマイナス0.75%、3カ月物LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の誘導目標はマイナス1.25─マイナス0.25%だ。海外の主要中銀とは異なり、SNBは今後もフランの上昇圧力を軽減するため、超緩和的金融政策を維持するとみられる。

最終更新:8/8(火) 12:57
ロイター