ここから本文です

金沢で「野町広小路の灯り」 歴史展示や夕暮れ時スタートのイルミネーションも /石川

8/8(火) 18:05配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 金沢・野町広小路にある安藤芳園堂ビルヂング(野町1)で8月7日、野町の歴史と未来に迫るイベント「野町広小路の灯(あか)り」が始まった。主催は安藤芳園堂ビルヂング、E.N.N(新竪町3、TEL 076-263-1363)。(金沢経済新聞)

【パノラマVR】安藤芳園堂ビルヂングで開催中の展示イベント「野町ヒストリー」

 道路拡張や耐震強度問題で建て替えが行われ、今春に再オープンした同施設。1階部分には「安藤薬局」と「薬屋カフェ」が入居する。同薬局は1849年の創業以来、金沢の街を見守ってきたという。

 再スタートを切った同施設で野町の未来を考えるきっかけづくりとして企画された同イベント。10日には、いしかわ観光特使の小西裕太さんや元金沢市長の山出保さん、東京R不動産代表の馬場正尊さんによるトークイベント「野町広小路のこれまでとこれから」(定員に達したため、募集終了)を開く。11日には、「野町マルクト」と題し、日本酒ハーブサングリアや北陸の保存食などを販売するミニマーケットを開催予定。

 そのほか期間中は毎日、同施設の2階で野町広小路のこれまでの風景を写真やパネルで展示する「野町ヒストリー」、夕暮れ時から点灯されるイルミネーション「野町の灯りナイト」も開催。「野町広小路を照らす行灯(あんどん)のような存在に」というコンセプトに合わせた企画が用意されている。

 担当者は「金沢の『南の玄関口』ともいわれた歴史的に見ても要所である野町のこれからを考える一つのきっかけになれば」と話す。

 展示ブース「野町ヒストリー」の開催時間は13時~18時(最終日は13時~16時)。今月11日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク