ここから本文です

T・スウィフト、ラジオDJ相手取った訴訟の陪審員選び見守る

8/8(火) 13:35配信

ロイター

[デンバー 7日 ロイター] - 米歌手テイラー・スウィフトさん(27)は7日、4年前の写真撮影の際に体を触ったとしてラジオDJのデビッド・ミューラー氏を訴えている訴訟で、陪審員選びが開始されたデンバーの裁判所に姿をみせた。

スウィフトさんは、黒いジャケットに白いトップス姿で、静かに座って進行を見守り、時おりメモをとるなどした。

スウィフトさんは裁判の中で証言する見通しで、8日から陪審員が着席して審理が開始される。

スウィフトさんは、2013年6月2日のデンバーでのコンサート開始前の楽屋での「ミート&グリート」で、ミューラー氏が写真撮影の際にドレスの下に手を入れてお尻を触ったと訴えている。

この訴訟は、最初にミューラー氏が、スウィフトさんの誤った訴えによってラジオ局を解雇されたとして起こした訴訟を受けたもの。

最終更新:8/8(火) 13:35
ロイター