ここから本文です

昔の喫茶店みたい! 11機種のレトロゲームに対応する「レトロフリーク」内蔵のテーブル筐体が登場

8/8(火) 20:40配信

ねとらぼ

 1台で11機種のゲームに対応するサイバーガジェット製互換機「レトロフリーク」を内蔵したテーブル筐体が発売されました。80年代アーケードゲームの移植版を起動すれば、昔の喫茶店やゲームセンターの気分で遊べますね。

【他の画像】横から見たテーブル筐体

 中古PCの買取や再利用などを手がける会社・いっとくが、サイバーガジェットの許諾を受けて製作。筐体内部にはレトロフリーク本体と20インチのスクエア液晶モニター、スピーカーを内蔵。プレイはもちろん、本体の各種設定から電源操作まで、コントロールパネルで行えます。

 右側にはUSB端子が搭載されており、コントローラーの増設に使用可能。インストール用のカートリッジアダプターも接続できるので、筐体を開けることなく本体にゲームを追加することができます。

 いっとくのオンライン販売サイト「パソケード」で注文を受け付け。定価は13万9800円ですが、現在は期間限定価格の11万9800円で販売されています(税込)。なお、販売数は9台のみで、再生産は未定。販売方法は東京都八王子での現物引き渡しのみとなっています。

最終更新:8/8(火) 20:40
ねとらぼ