ここから本文です

女性スリーピースバンド花園distance、結成8年目の新アルバムは「八」

8/8(火) 18:46配信

音楽ナタリー

花園distanceのニューアルバム「八」が本日8月8日にリリースされた。

花園distanceは2009年に岡田ぴサス(Key, Pianica)、かじ(B, Syn, Shanai)、はまち(Dr)の3名によって結成されたインストバンド。民族楽器を積極的に取り入れたサウンドを特徴とし、アパートの屋上を使用した5名限定ライブや、様々なクリエイターとのコラボライブなどを行う自主企画「このよのアレンジメント」、ライブ中に観客に饅頭を配布する「饅頭ジャック」といった個性的なライブ活動を行っている。

【写真】花園distance「八」ジャケット(他1枚)

彼女たちにとって2016年3月発表の「鬼の好吃ーむ」以来、1年5カ月ぶりのアルバムとなる「八」はバンド結成8周年に際して制作された作品。自主制作盤「ソナタ『カビ』」の収録曲「カビ」の新録版を含む8曲が収められ、各楽曲のマスタリングは照井淳政(ハイスイノナサ)が担当した。

また花園distanceは本作の発売を記念し、8月17日に東京・神楽音で企画「ホ・タ・ラ」を開催。当日はふくろ、ANYO、GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGEを競演者に迎える。

花園distance「八」収録曲
01. チャリ部
02. バニラ
03. しゃない
04. クイニーアマン
05. ギャル
06. 古着
07. カビ
08. OKYO

花園distance presents “ホ・タ・ラ”
2017年8月17日(木)東京都 神楽音
<出演者>
花園distance / ふくろ / ANYO / GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE

最終更新:8/8(火) 18:46
音楽ナタリー