ここから本文です

進学校・彦根東が頭脳プレー…バックアップの捕手に送球

8/8(火) 14:52配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・1回戦、彦根東6-5波佐見」(8日、甲子園球場)

 滋賀県屈指の進学校・彦根東が、頭脳プレーでスタンドを沸かせた。

【写真】出場できなかったがこの人も頭脳プレーを見せた!

 七回1死の守備で中前打を許した場面。打者走者が一塁をオーバーランした際、中堅・太田剛志外野手(3年)は一塁手ではなく、後方からベースのすぐそばまでバックアップに入っていた條野正宗捕手(3年)に矢のような返球。自分の前方に一塁手を確認していた打者走者の波佐見・中島は、あわてて頭から一塁に戻った。

 條野のタッチはわずかに間に合わずセーフとなったものの、流れるような連係で相手の肝を冷やさせた。

 練習試合などで何度も練り上げてきたプレー。大きくオーバーランを取る強豪校相手の方が、決まりやすいという。太田は「刺したかなと思ったけど、力んでワンバウンド送球になってしまった」と悔しがったが「ウチはグラウンドが狭いので守備や走塁重視。細かいプレーには自信がある」と胸を張った。

 今回のプレーは村中隆之監督のアイデアで、他にもいくつかのトリックプレーを準備。條野は「ケース打撃とかで『こんなのはどうかな』と、選手も発案してやっています」と明かした。劇的な逆転サヨナラで2回戦に進んだ秀才軍団。スタンドをあっと驚かせる“秘策”を披露する機会はまだありそうだ。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 22:50