ここから本文です

カプセルトイの空カプセルがビークルやロボットになる! 近未来的スーパー玩具「カプセルアドベンチャー」発進!

8/8(火) 22:45配信

ねとらぼ

 カプセルトイから中身を取り出した後の空カプセルにパーツを接続して遊べる玩具「カプセルアドベンチャー」がキタンクラブから発売されます。

【画像】「カプセルアドベンチャー」ラインアップ

 キタンクラブとザリガニワークスの共同開発によるこの商品は、今までただ廃棄するだけだった空カプセルを有効活用したもので、各商品に封入されているパーツを組み換えて遊ぶことが可能。組み合わせ次第で自分だけのさまざまなオリジナルロボットやビークルを作ることができるので、イマジネーションを生かした遊びができるとのことです。

 ラインアップは、ドリルなど武器パーツが豊富な「TYPE-A」、パイロットと操縦席が細部まで造形された「TYPE-B」、多くの接続部を有するキャタピラ付きの「TYPE-C」、最もパーツ数の多い「TYPE-D」と、全長15センチの大きさを誇る「TYPE-E」がそれぞれ赤青ふたつのカラーバリエーションからなる全10種類。オリジナルカスタマイズに便利なシールも同封されています。

 カプセルアドベンチャーは1回300円(税込)。2017年8月10日よりカプセルトイ自販機で販売されます。

最終更新:8/8(火) 22:45
ねとらぼ