ここから本文です

<レスリング>「金メダル4」世界選手権女子代表が合宿公開

8/8(火) 20:47配信

毎日新聞

 レスリング女子代表が21日開幕の世界選手権(パリ)に向けて東京都内で行っている合宿を8日、公開した。栄和人強化本部長は「2020年(東京五輪)につながる大会。金メダルを4個はとりたい」と意気込みを語った。

 昨年のリオデジャネイロ五輪63キロ級で金メダルを獲得し、60キロ級に階級変更した川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)は「自分が得意な組み手は組まないと分からないので、研究されても怖くない」と自信満々。左肩痛で別メニューで調整した69キロ級金メダリストの土性沙羅(東新住建)は「大会までには間に合わせて、金メダルをとりたい」と力強く語った。

 また同日、練習で左アキレスけんを断裂して代表を辞退した伊藤彩香(東新住建)の63キロ級の3人による代表決定戦が行われ、川井友香子(至学館大)が源平彩南(同)、伊藤友莉香(自衛隊)に連勝。川井が姉妹そろっての出場を決めた。【松本晃】

最終更新:8/8(火) 22:47
毎日新聞